金融機関(銀行、ネットバンク、信用金庫、JA、信用組合など)の不祥事をお伝えします

金融機関不祥事の最新NEWS

信用金庫

多摩信用金庫不祥事件(平成27年6月29日プレスリリース)

更新日:

多摩信用金庫の元職員による流用や横領事件です。

平成25年や平成26年に発覚した事件を平成27年にリリースする姿勢は企業としてどうかと考えます。

スポンサーリンク

多摩信用金庫不祥事件(集金現金を流用)

  • 発生店舗:国分寺支店・武蔵野支店
  • 発覚日:2015年10月16日
  • 事故者:元職員(27歳、営業担当)
  • 発生期間:平成23年5月30日から平成25年10月16日
  • 事故金額:634,000円
  • 顧客先数:不明
  • 事件の概要:定期積金申込書を代筆し、通帳作成後の掛金を自己資金で入金処理したほか、顧客から集金現金を流用し、他の顧客名義の定期積金の作成や入金。さらに一部現金を横領
  • 顧客への対応:被害に遭われた顧客に対して、事実関係を説明のうえ、謝罪し、すべてすべて原状回復済み。

スポンサーリンク

多摩信用金庫不祥事件(入金資金の横領及び流用)

  • 発生店舗:八王子駅前支店
  • 発覚日:2016年2月13日
  • 事故者:元職員(27歳、営業担当)
  • 発生期間:平成25年5月15日から平成26年2月13日
  • 事故金額:889,000円
  • 顧客先数:不明
  • 事件の概要:取引先の定期積金掛金及び普通預金入金資金の横領及び流用
  • 顧客への対応:被害に遭われた顧客に対して、事実関係を説明のうえ、謝罪し、すべてすべて原状回復済み。

スポンサーリンク

元職員は懲戒解雇処分

事件を起した二人の元職員は、それぞれ懲戒解雇処分になりました。

多摩信用金庫のプレスリリース

公式情報不祥事件発生のお知らせとお詫びについて|多摩信用金庫

 

-信用金庫
-, ,

Copyright© 金融機関不祥事の最新NEWS , 2020 AllRights Reserved.